八洲電機が14年3月期連結売上高予想を下方修正、アミューズメント向けなど不調

 八洲電機<3153.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の業績見通しについて、売上高を従来予想の900億円(前期比9.0%増)の増収予想から一転、755億円(同8.5%減)の減収予想に下方修正した。電子デバイス・コンポーネント事業で、アミューズメント分野の需要が大幅に下回ったことが要因。ただし、システム・ソリューション事業のコスト管理の徹底などの効果により、営業利益同16億3000万円(同14.6%増)、純利益同8億7000万円(同15.4%増)は据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)