ディスコが大幅続伸、第3四半期連結売上高は前年同期比14.6%増で個別営業利益は5.2倍に

 ディスコ<6146.T>が大幅続伸。22日取引終了後に発表した第3四半期(10~12月)の連結売上高(速報値)が2ケタ超の増加になり、個別営業利益は前年同期比5.2倍の大幅増益を達成したことが好感されている。
 第3四半期の連結売上高は231億9900円(前年同期比14.6%増、前四半期比14.7%減)になった。第1~3四半期の累計(4~12月)売上高は778億900万円で、2014年3月通期の予想売上高(1021億円)に対する進捗率は76.2%となった。
 第3四半期の個別業績は売上高が前四半期から減少したものの、製品構成の変化と為替の影響で、営業利益は21億1000万円(前年同期比5.2倍)と大幅増益になった。第1~3四半期累計の営業利益は88億6500万円となり、通期の予想営業利益(103億円)対する進捗率は86.1%となった。

ディスコの株価は9時32分現在7580円(△200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)