富士通コンがS高、世界初の高速伝送用AOC開発を好感

 富士通コンポーネント<6719.T>がストップ高カイ気配。同社は22日に100Gbpsの高速伝送用QSFP28アクティブ・オプティカル・ケーブル(AOC)を開発し、サンプル供給を開始したことを発表、これを好感する動きとなっている。今回、開発したAOCは1チャネルあたりの伝送速度25Gbpsで動作する4チャネル光トランシーバー。採用実績が豊富で低コストなマルチモードファイバー伝送の技術を用いた25Gbps×4チャネルの高信頼AOCを世界で初めて実現し、100Gbpsの高速伝送を可能にしている。

富士通コンの株価は9時24分現在571円(△80円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)