任天堂が続伸、突っ込み警戒からの買い戻し継続

 任天堂<7974.T>が続伸。ここ業績低迷を背景に大幅調整を余儀なくされていたが、17日に発表した14年3月期の連結業績見通し大幅下方修正がダメ押し的な下げにつながり、売り物が枯れてきた。下方修正発表を受け、週明け20日にマドを開け1万2000円割れまで売り込まれたが、その後下げ渋り日足大陽線を示現、目先は突っ込み警戒感からリバウンド狙いの買いが継続している。足もと為替が対ドル、対ユーロともに円安に振れていることも追い風となっている。

任天堂の株価は9時34分現在1万4350円(△325円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)