膠着感払拭のタイミングを窺う=外為どっとコム総研 石川久美子

膠着感払拭のタイミングを窺う
ドル/円相場は昨日も104円台後半では頭を押さえられてしまった。上値の切り下がり傾向が気になるところだ。ただ、昨日、安倍首相がダボス会議で法人税改革に前向きな姿勢を示した点を、本日の東京株式市場が好感し、株高が進めば、円安が進行する可能性がある。

また、本日は米国の主要経済指標も複数発表される。これらがドル高の推進力になるかどうかが、104円台後半の上値の重さを払拭する鍵になる。
上昇した場合、21日高値104.746円、16日高値104.920円、105円ちょうど、10日高値105.270円を1つ1つ試して行く流れになろう。一方、下げた場合は今週のサポートラインとなっている103.90円前後で足場を固められるかがポイントとなるだろう。