GMOクラが急反落、今期経常利益は14%増益見込み期末増配へ

 GMOクラウド<3788.T>が急反落、前日比1万9700円安の13万4300円まで下落した。前日取引終了後に発表した今14年12月期連結業績は売上高105億2400万円(前期比5.1%増)、経常利益10億4500万円(同14.4%増)と増収2ケタ超の増益を見込み、期末配当は1950円と前期予想の1900円から50円増配を予定したが、好業績を織り込むかたちで、前日に株価は2万3000円高と急騰しており、当面の利益を確定する売りが先行している。
 あわせて集計中の前13年12月期の業績予想の修正を発表。連結業績について前回の売上高99億1000万円を100億1400万円(前の期比6.4%増)に増額する一方、経常利益10億8000万円を9億1400万円(同5.9%減)に減額するなど利益予想を引き下げた。セキュリティーサービスが当初予想を上回り、増収となるものの、ホスティングサービスが当初予想を下回り、ソリューションサービスでオフィス立ち上げ関連費用が想定以上に発生した。

GMOクラの株価は10時58分現在13万7000円(▼1万7000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)