塩野義が3日続伸、出資先企業がHIVインテグラーゼ阻害薬の承認を取得

 塩野義製薬<4507.T>が3日続伸となっている。同社は22日に、出資している英ヴィーブが、欧州医薬品庁から次世代HIVインテグラーゼ阻害薬「テビケイ」の承認を取得したと発表。これが買い手掛かりとなっているようだ。
 「テビケイ」は塩野義とヴィーブとの共同開発によって見出された次世代のHIVインテグラーゼ阻害薬。現在はヴィーブが全世界での開発ならびに販売の権利を保有し、塩野義は販売高に応じたロイヤルティーを得るかたちとなっている。
 同薬は13年8月に米国食品医薬品局から承認を取得し、既に米国で販売。国内では13年12月にヴィーブの日本法人が新薬承認申請を行い、承認取得後は、塩野義とヴィーブの両社で医療機関などに医薬情報提供活動を行う予定。

塩野義の株価は11時14分現在2256円(△44円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)