板硝子が続伸、JPモルガン・アセットが大量保有

 日本板硝子<5202.T>が続伸、1月中旬以降は調整色をみせていたが、にわかに切り返しに転じ、1月10日につけた昨年来高値157円払拭を視野に入れている。直近1月21日付でJPモルガン・アセットが5%超の大株主に浮上しており、一部市場筋の注目を集めているようだ。14年3月期の連結最終損益は210億円の赤字見通しにあるなど業績は低迷しているものの、ここ欧州の景気回復に伴い板ガラス事業が底入れの兆し。15年3月期は赤字脱却の可能性があり、時価150円近辺は中長期波動でみた値ごろ感が買いを誘う。

日本板硝子の株価は11時30分現在152円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)