<話題の焦点>=“お一人様”いらっしゃい、鍋に注目する外食チェーン

 予想を上回る寒波の到来とともに、冬の定番として人気を集めているのが鍋メニューだ。鍋といえば、家族や仲間と囲むことが多いが、近年話題になっているのは、一人で一つの鍋を食べる“一人鍋”だ。自宅だけでなく、外食でも気軽に楽しめるようになってきた。

 別表は関連銘柄の一覧だが、新たなユーザーを開拓した意味では、吉野家ホールディングス<9861.T>が昨年12月に投入した「牛すき鍋膳」と「牛チゲ鍋膳」の存在が大きい。ファストフード的な外食チェーンでは短時間で食べられることが前提だが、同社ではあえて、ゆったりと味わえる鍋メニューを投入することで、少しでも高級感を味わいたいという新たな顧客層の開拓に成功している。

 鍋料理は、他のメニューと違い食べる時間が長くなる傾向がある。店舗側にとっては回転率が悪くなるデメリットがあるものの、商品単価が比較的高いことは魅力となる。同社では新業態として一人鍋専門店の「いちなべ家」にも注力しており、牛丼とともに鍋メニューが新たな主力商品に育ちつつある。

 また、一人で食べる鍋メニューに欠かせないのが固形燃料だが、これを吉野家へ独占供給しているのがニイタカ<4465.T>。同社は国内の固形燃料でシェアトップを誇っており、同業他社でも鍋メニューが強化されれば、さらに需要が拡大する可能性がある。

 その他では、プレナス<9945.T>が展開する「ごはん処 やよい軒」も鍋メニューを強化している。

◆鍋の関連銘柄

 銘柄<コード>    コメント

ニイタカ<4465.T>  吉野家の「牛すき鍋膳」に固形燃料を独占供給
サトRS<8163.T>  「和食さと」では「白味噌仕立てのもつ鍋」や「かつおだしの寄せ鍋」が好評
プレナス<9945.T>  「ごはん処 やよい軒」で昨年12月から「ちゃんこ鍋定食」などを販売
吉野家HD<9861.T> 「牛すき鍋膳」と「牛チゲ鍋膳」が人気を集める

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)