ヤマトHDが小動き、中計発表も反応限定的

 ヤマトホールディングス<9064.T>が小動き。22日に17年3月期を最終年度とする中期経営計画を発表したが、株価の反応は限定的。バリューネットワーキング構想の推進によるノンデリバリー事業の利益拡大と、健全な企業風土の醸成による品質強化・持続的成長を2本の柱としており、17年3月期に連結売上高1兆5500億円(14年3月期計画1兆3450億円)、営業利益900億円(同710億円)を目指す。ただし、利益目標については想定の範囲内との見方も強く、これが積極的な評価に至っていない要因のようだ。

ヤマトHDの株価は13時32分現在1980円(▼12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)