<チャートの視点>=関門海、75日線をサポートラインに三角もち合いを形成

 ふぐ料理店のチェーン展開などを手掛ける関門海<3372.T>が、75日移動平均線をサポートラインに、三角もち合いを形成している。10月8日に昨年来高値290円をつけたあとは調整入りとなったが、150円近辺で下げ渋り。その後は、着実に下値を切り上げてきている。
 なお、直近では昨年12月25日に66万株超の出来高、今月15日には22万5000株弱の出来高が突如として出現している。背景には、「和食」が無形文化遺産に登録されたことで、思惑が広がりやすくなっている面などがあるようだ。
 
関門海は14時28分現在184円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)