小松ウオールの第3四半期は8.4%営業増益

 小松ウオール工業<7949.T>はこの日、大引け後に第3四半期(4~12月)累計決算を発表。連結売上高200億5500万円(前年同期比0.2%減)、営業利益22億3600万円(同8.4%増)となった。商品別では可動間仕切などが不振ながら、作図の自動化や標準化による設計システム整備などによる業務効率化効果が表面化している。14年3月期通期は連結売上高315億円(前期比11.9%増)、営業利益39億円(同21.6%増)の当初予想から変更はない。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)