DNA研は損益改善に重点を置いた経営政策を進め第3四半期は赤字幅縮小

 DNAチップ研究所<2397.T>が23日取引終了後に発表した今14年3月期の第3四半期(4~12月)決算は売上高1億5200万円(前年同期比3.1%減)と微減益で、経常損益1億800万円の赤字(前年同期の1億6900万円赤字)になった。研究受託の重点化とメニューの充実、診断関連事業の強化など、損益改善に重点を置いた経営政策を進めたことで赤字幅が縮小した。通期は売上高4億3000万円(前期比15.6%増)、経常利益100万円(前期8900万円の赤字)と期初予想を据え置いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)