24日の株式相場見通し=米株式の大幅安や1ドル103円台への円高進行を受け続落

 24日の東京株式市場は、前日の米株式の大幅安や1ドル=103円台の円高進行を受け、日経平均株価は続落となりそうだ。また、手掛かり材料難に加え、週末に伴うポジション調整の売りも想定される。
 23日の米国株式市場は、NYダウ平均株価が前日比175ドル安の1万6197ドルと大幅下落で3日続落となった。また、24日早朝の外国為替市場では、1ドル=103円40銭台と前日に比べて大幅に円高・ドル安が進行している。 
 日程面では、通常国会召集・安倍首相が施政方針演説(会期は6月22日まで)に注目。海外では、IAEA(国際原子力機関)理事会、韓国サムスン電子が10~12月期の決算を発表が焦点に。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)