トヨタが続落、米株安と円高を嫌気

 トヨタ自動車<7203.T>が続落。ここ高水準の売買代金を集めながらも強弱感が対立しもみ合いを続けていたが、前日の米国株安や外国為替市場での円高を嫌気して、足もと売りが優勢となっている。為替は1ドル=103円台前半の推移で、一時102円台に入る場面もあるなど円高傾向がにわかに強まっており、輸出採算改善期待が後退している。同社の2014年の世界販売台数は、グループ全体で前年比4%増の1032万台との計画が発表されたが、これについて市場は事前に織り込んでおり、全体下落相場にあって反応は薄い。

トヨタの株価は9時5分現在6172円(▼84円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)