ソフトバンクが続急落、裁定解消売りと個人の投げ

 ソフトバンク<9984.T>が続急落、一時400円を超える下げとなった。昨年は年間を通じて上昇相場のシンボル的な存在だったが、ここ上昇相場に変調をきたしている。きょうは裁定解消売りに加えて個人投資家の投げが出ている格好で下げがきつくなっている。信用買い残は17日申し込み現在で1713万9000株、信用倍率は8.9倍と大幅に買い長となっている。同社が出資するアリババ上場延期観測などで上値が重くなっていたが、前日に大陰線で25日移動平均線を下放れたことから、売りが加速した。

ソフトバンクの株価は9時40分現在8219円(▼320円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)