UBICが反発、1対10の株式分割を実施

 UBIC<2158.T>が小幅ながら反発、堅調な動き。同社は23日大引け後に3月31日を基準日として1対10の株式分割を実施することを発表し、これを好感している。効力発生日は4月1日。
 また同社は、近年重要度を増している国際訴訟におけるeディスカバリ(電子証拠開示)に対応すべくいサービスを提供するために、専用ラボラトリー(データ処理センター)「DOC (Discovery Operation Center)」を本社内に開設したことも発表。eディスカバリ専用のラボとしては日本最大規模、世界トップレベルであり、今後の新規受注への貢献も期待される。

UBICの株価は10時17分現在2743円(△32円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)