NTTドコモやKDDIなどが下落、4G開始による先行投資負担を懸念

 NTTドコモ<9437.T>やKDDI<9433.T>、ソフトバンク<9984.T>の携帯キャリア3社が安い。複数のメディアで、23日に各社が第4世代(4G)と呼ばれる次世代携帯電話サービスを16年をメドに始めることを明らかにしたと伝えられており、これがネガティブ材料視されている。東名阪など大都市部で先行してサービスを始める方針のようだが、基地局強化などに先行投資が発生することで、短期的な収益悪化を懸念した売りが出ているようだ。

NTTドコモの株価は10時56分現在1704円(▼27円)
KDDIの株価は10時56分現在6080円(▼136円)
ソフトバンクの株価は10時56分現在8213円(▼326円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)