オリンパスが売り一巡後戻す、中国での安価な消化器用内視鏡システム販売報道で期待感

 オリンパス<7733.T>が反発、一時は前日比45円安の3055円まで売られていたが、その後は戻す動きとなっている。この日の日本経済新聞で、安価な消化器用内視鏡システムを中国で年内に発売することが伝えられている。中国の医療機器市場は年率2ケタ成長が続いており、価格を従来品の3分の1以下に抑えた新製品を投入することで普及を後押しするようだ。

オリンパスの株価は11時18分現在3100円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)