<動意株・24日>(前引け)=ラクーン、図書印、GDO

 ラクーン<3031.T>=ストップ高。同社は23日大引け後に、3月中旬から新規事業として、クラウド発注ツール「COREC(コレック)」の提供を開始することを発表、これを好感している。コレックは、業種を問わずすべてのBtoBの受発注をウェブ上で一元管理できるクラウド受注ツール。取引先ごとに異なる受発注手段でもコレックを利用することでひとつにまとまり、受発注処理のコスト削減が可能になる。コレックは基本機能を無料提供、より効率的に受発注を行える機能を有料プランとして順次リリースしていく予定。

 図書印刷<7913.T>=反発。全体地合い悪のなかも材料株素地を発揮して上値指向だ。出版不況も注力する電子書籍への展開や景況感回復を受けた商業印刷の回復が買いの根拠。また、土地含み関連としての切り口もある。時価450円超えは06年8月以来7年5カ月ぶりの高値水準で、実質的には青空圏で売り圧力に乏しい。

 ゴルフダイジェスト・オンライン<3319.T>=大幅高。同社は23日、13年12月期業績予想の修正を発表。ゴルフ総合サービスサイト(GDOサイト)への年間来訪者数が過去最高を記録するなど好調。売上高や経常利益は従来予想レンジの上限を上回った。売上高は従来の135億~140億円の見通しに対し、140億3900万円(前の期比9.1%増)に見直された。また、経常損益は1億8000万~2億8000万円の黒字の見通しに対し、2億8900万円の黒字(前の期は1億7900万円の赤字)に修正された。この日は、業績の急回復を好感した買いが流入している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)