◎24日前場の主要ヘッドライン

・エムスリーが8日続伸、ゲノム情報プラットフォーム事業の新会社を設立すると発表
・日東電が急反発、昨年12月の月次売上高は21%増
・プラネックスHDがS高、自社株買い発表を好感、発行済み株式数の13.11%
・スクエニHDが急反発、「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」に期待
・GDOが大幅高、ゴルフサイト好調で業績の急回復を評価
・夢の街創造委員会が新高値、シニア向けサービス始動
・図書印が反発、材料株素地発揮し7年5カ月ぶりの高値水準
・野村HDなど証券株が売られる、相場の地合い悪化で投資家離散を懸念
・アルチザが一時5%高、携帯各社の4Gサービス開始で需要増加に期待
・ラクーンがS高、クラウド発注ツールの提供開始を好感

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)