メルコが底堅い、5日移動平均とのカイ離埋めて下げ渋る

 メルコホールディングス<6676.T>が後場一時プラス圏に切り返す展開。20日の上方修正発表を受けて、マドを開けて急騰した後は5日移動平均線とのプラスカイ離を埋める展開にあったが、目先5日移動平均線と接触したことで底堅い動きとなっている。14年3月期営業利益は従来予想の19億円から26億円(前期比54%増)に大幅増額、これがポジティブサプライズとなったが、引き続きこれが買いを誘っている。同社はパソコン周辺機器を手掛けるが、SSDとUSBメモリーの高容量品の牽引でメモリー部門が好調、全体収益に貢献している。パソコン周辺機器の価格競争が沈静化していることも利益面でのフォロー材料となっている。

メルコの株価は13時33分現在1757円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)