大丸エナの第3四半期はLPガス出荷量減少や経費負担で営業23%減益

 大丸エナウィン<9818.T>が24日取引終了後に発表した今14年3月期の第3四半期(4~12月)決算は売上高118億8800万円(前年同期比5.3%増)と増収ながら、営業利益3億6100万円(同23.0%減)と大幅減益になった。LPガス出荷量の減少で売上総利益が減少、設備投資や販売促進費の増加も利益を圧迫した。通期は売上高168億円(前期比4.2%増)、営業利益9億6000万円(同3.9%増)と前回予想を据え置いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)