ファーマライズは2月17日に東証2部へ市場変更、公募や第三者割当増資も実施

 ジャスダック上場のファーマライズ<2796.T>は24日、東京証券取引所から2月17日に東証2部へ市場変更する承認を受けたと発表した。また、同時に公募増資と自己株処分、それに第三者割当増資を実施することを明らかにした。70万2000株の公募増資と34万9200株の自己株処分、それに上限15万株のオーバーアロットメントによる売り出しを行う。公募・自己株処分の発行・処分価格は2月3日から6日のいずれかの日に決定する。
 さらに、同社は岩淵薬品とほくやく、バイタルネット、中北薬品を割当先に合計29万8000株の第三者割当増資を実施することも発表した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)