もしもしが下げ渋る、「緊急対応窓口パッケージ」サービス開始で注目

 もしもしホットライン<4708.T>は3日続落ながら1100円割れ後は下げ渋る動きとなっている。同社は24日に情報漏えい事故やリコールなど緊急事態発生時における「緊急対応窓口パッケージ」サービスの提供を開始することを発表した。「緊急対応窓口パッケージ」は、有事の際に、緊急対応に求められる主な前提条件である「即時対応のための事前準備」や「迅速かつ柔軟な窓口開設」、「ワンストップ体制」の3つのポイントをサポートするパッケージサービス。震災など大規模災害など、万が一の緊急時に即時対応するための体制を事前に構築する重要性が高まっており、同社の新サービスに期待が高まりそうだ。

もしもしの株価は10時2分現在1083円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)