JIECが下げ渋る、第3四半期累計決算の2ケタ増益が下支え

 JIEC<4291.T>は全般相場安につれて朝方、前日比46円(3.6%)安の1230円まで下落したが、その後下げ渋る動きとなっている。前週末24日引け後に発表した第3四半期累計(4~12月)単独決算で、売上高102億3700万円(前期比5.3%増)、営業利益7億9400万円(同14.0%増)、純利益4億8900万円(同16.0%増)と2ケタ増益となったことが下支えとなっているもよう。保険や銀行、証券などの金融機関を中心に、経営統合に伴うシステム開発案件が活発だったことに加えて、人員配置の最適化施策なども奏功したという。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高137億円(前期比1.3%増)、営業利益11億円(同7.7%増)、純利益6億6000万円(同5.9%増)の従来予想を据え置いている。

JIECの株価は11時30分現在1264円(▼12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)