<動意株・27日>(前引け)=富士通ゼ、テラプローブ、ルック

 富士通ゼネラル<6755.T>=4日ぶり急反発。前週末24日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高は従来予想の2450億円(前期比17.1%増)はそのままに、営業利益を同170億円から190億円(前期比25.7%増)へ、純利益を同110億円から120億円(同7.8%減)へそれぞれ上方修正したことが好感されている。欧州向けエアコンに需要回復の兆しがみられるほか、暖房利用の広がりや消費増税前の駆け込み需要で国内向けエアコン販売が堅調な推移をみせている。

 テラプローブ<6627.T>=急反騰。前週末24日の取引終了後、集計中の第3四半期累計(4~12月)連結業績見通しについて、売上高を従来予想の160億円から164億3000万円(前年同期比0.9%増)へ、営業利益を同7000万円から5億7000万円(同4.1倍)へそれぞれ上方修正したことを好感した買いが集中している。台湾子会社の受託が予想以上に増加したことや、スマートフォンなどのモバイル機器向けが予想よりも堅調に推移したことが要因としている。

 ルック<8029.T>=全体波乱相場に抗して続急伸。主力株が手掛けにくいなかで元来の仕手性に着目した短期資金の買いを引き寄せている。株価は前週末に25日移動平均線に下ヒゲで接触、これを足場に一気に上値追いを加速させた。13年12月期は円安進行による仕入れコストの上昇で営業利益は3割以上の減益を見込むが、株価には織り込み済み。足もとは新ブランドの寄与などで上向いており、14年12月期の回復に視点が移行している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)