OKIは4日続落、ATMでインド市場本格参入

 OKI<6703.T>は4日続落。同社は27日、インドの最大手行のインドステイト銀行に紙幣還流型ATM(現金自動預け払い機)を納入したと発表した。
 経済成長を続けるインドはCDとATMの稼働台数が2013年に約14万台とアジアでは中国、日本に次ぐ3番目の市場規模。今後もインド準備銀行(インド中央銀行)による金融包摂策により2016年には約2倍規模へと大きな成長が見込まれている。今後インドATM市場でシェア25%獲得を狙う。
 同社は好調のATM事業で、ブラジル第2位のコングロマリット、イタウグループから、中南米でのATM事業を買収するなど海外展開を加速させている。

OKIの株価は14時20分現在247円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)