西部ガスが3日続落、第3四半期は円安による原材料費上昇で営業78%減益

 西部ガス<9536.T>が3日続落。きょう午後2時に発表した今14年3月期第3四半期(4~12月)の連結決算は売上高1381億4700万円(前年同期比10.0%増)、営業利益6億900万円(同78.4%減)と増収ながら大幅な減益になった。原料費調整制度に基づくガス料金単価の上方調整の影響でガス売り上げが増加したが、円安による原材料費の上昇が利益を圧迫した。通期は売上高2019億円(前期比12.5%増)、営業利益68億円(前期比0.2%増)と前回予想を据え置いた。

西部瓦斯の株価は14時43分現在240円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)