アトムリビンテックが7~12月期業績を増額、最終利益2億4800万円

 家具・建具用金属部材の企画・販売を手掛けるアトムリビンテック<3426.T>が27日、14年6月期第2四半期(13年7~12月)の単独業績予想の修正を発表した。売上高は45億8000万円から48億9900万円(前年同期比15.8%増)、営業利益は3億2000万円から4億1700万円(同46.3%増)、最終利益は2億円から2億4800万円(同37.8%増)に増額している。ソフトクローズ関連商品の拡充と市場への浸透、販路拡大が寄与して売上高が拡大、これに伴う売上総利益の増加や販管費の抑制効果が利益面に寄与した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)