建設受注21%増 昨年、5年ぶり10兆円超え・・・技能工が不足するならこの銘柄!

日経新聞半歩先読み
建設受注21%増 昨年、5年ぶり10兆円超え 企業総合 11面

日本建設業連合会が27日に発表した2013年の国内建設受注(会員企業48社)は前年比21%増の11兆9,443億円だったとの記事です。都市部の再開発、復興需要など民需・官需ともに好調のようです。しかし、懸念点としては、技術者の不足で計画が遅れることです。建設会社は受注が増加しても、コストUPで大幅な収益増は見込めませんが、建設用の技術者派遣には、大きなフォローの風です。

建設現場の若年層施工管理技術者派遣を主力ビジネスにしているのが、 夢真ホールディングスです。

昨日は、全般安の影響で大幅安となっています。テクニカル的には、昨年12月25日から26日に空けた窓を埋めたので、一旦は反発の可能性が高そうです。

(2362) 夢真ホールディングス (東証JQスタンダード) 940円 前日比  -50 (-5.05%) [売買単位:100株]

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。