日立ハイテクが続落、4~12月期最終26%減益を嫌気

 日立ハイテクノロジーズ<8036.T>が4日続落。同社が27日発表した13年4~12月期の連結決算は売上高が前年同期比1.4%増の4366億9500万円と増収を確保したが、最終利益が同25.9%減の84億4400万円と低迷、これを嫌気する売りが集まった。有機ELが苦戦しているほか、パソコンの需要低迷などを背景に半導体製造装置が低迷した。自動車分野向けなどに産業部材が伸長したものの利益の大幅減少を余儀なくされている。また、復興特別法人税が廃止されるのを受けて繰延税金資産を取り崩し、14年3月期の最終利益について192億円(前期比57.8%増)と従来予想から5億円下方修正したことも売りを助長したようだ。

日立ハイテクの株価は9時9分現在2371円(▼96円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)