グンゼが4日ぶり反発、米系医療機器大手と手術向け製品で提携と報じられる

 グンゼ<3002.T>が4日ぶりに反発。株価は一時、前日比30円高い291円まで買い進まれている。きょう付の日本経済新聞で、米系医療機器大手コヴィディエンと提携し、内視鏡手術で使う新しい縫合機器の開発・販売に乗り出すと報じられたことを材料視する買いが入っている。記事によると、コヴィディエンの主力製品である自動縫合器とグンゼの縫合補強材を一体化して、出血を減らしたり手術時間を短縮したりするのに役立てるという。グンゼのメディカル事業の売上高は20億円程度だが、医療機器事業を次の成長分野と位置づけており、提携範囲を他の医療機器に広げるとしている。

グンゼの株価は9時47分現在273円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)