さくらが3日続落、14年3月期通期予想の下方修正を嫌気

 さくらインターネット<3778.T>が3日続落。同社は27日、大引け後に14年3月期通期予想を下方修正。売上高で当初予想の110億円から99億5000万円(前期比4.9%増)、営業利益で10億円から6億2000万円(同28.5%減)へ下方修正したことが嫌気されている。自由度が高く優れたコストパフォーマンスの「VPS・クラウドサービス」や高い処理能力を持ち柔軟なITインフラ環境が構築できる「さくらの専用サーバ」は、計画を上回る伸びとなっている。しかしながら、同業他社では首都圏内でデータセンターの新設や増設が相次いでおり、競争激化の影響から同社が手がける「ハウジングサービス」や「旧専用サーバサービス」が、想定以上の苦戦を強いられている。

さくらの株価は10時43分現在609円(▼56円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)