東レはしっかり、米国炭素繊維プリプレグの生産設備を増強

 東レ<3402.T>がしっかり。同社は27日、米国の子会社トーレコンポジットズアメリカで(TCA)、炭素繊維「トレカ」を使用したプリプレグ(炭素繊維樹脂含浸シート)の生産設備増強を発表した。
 今回の増強は、ボーイング社が昨年10月に787型機の組立機数を、現在の月産10機から2016年に月産12機に引き上げることを決定したことに対応するもの。TCAは昨年ボーイング社向けに787型機の組立機数が月産10機に達し、既存の生産設備はフル稼働となっていた。
 また、来年2月から石川工場でも、プリプレグの加増を行う予定。LCC(格安航空会社)の台頭などを背景に、今後787型機は増産方向にあることから、この需要を取り込むため、相次ぐ設備増強に踏み切るようだ。

東レの株価は11時30分現在679円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)