日信号が4日ぶり反発、ベトナムへのICカード輸出報道を材料視

 日本信号<6741.T>が4日ぶり反発。きょう付の日本経済新聞で「政府はICカードを使った公共交通機関の運賃支払いシステムのアジア向け輸出を始める」と報じられており、まず5月からベトナム・ハノイ市で路線バスの利用者向けに20万枚を無償で配り、機器も置くと報じらえていることが手掛かり。同社は駅の自動改札機などを手掛けていることから、事業機会拡大への期待が高まっているもよう。ハノイ市では都市鉄道の建設計画もあることから、ICカード普及に伴うインフラ整備の一環として注目が高まっているようだ。

日信号の株価は12時31分現在938円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)