ダイワボウHDが商い増勢で反発、鳥インフル関連としての材料性再燃

 ダイワボウホールディングス<3107.T>に買い先行、株価低位の値ごろ感から6日ぶり反発となっている。中国で広がりをみせている鳥インフルエンザの感染が再度加速する傾向にあり、マスクを手掛ける同社株にも思惑含みの短期資金が流入している。売買高も前場段階で430万株弱と、前日終日で記録した売買高の2倍近い水準に膨らんでおり、材料株としての特性が前面に押し出される展開となっている。

ダイワボウHDの株価は12時40分現在209円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)