トランコムが大幅反発、第3四半期累計決算の2ケタ増収増益を好感

 トランコム<9058.T>が大幅反発。株価は一時、前日比285円高い3675円まで買われている。27日引け後に発表した第3四半期累計(4~12月)連結決算が、売上高742億5100万円(前年同期比11.8%増)、営業利益38億2600万円(同15.0%増)、純利益21億3800万円(同15.9%増)と2ケタ増収増益となったことが好感されている。主力のロジスティックマネジメント事業で前期と今期に開設した拠点が寄与したほか、既存拠点における貨物出荷量も増加したことに加えて、物流情報サービス事業でセンター運営の効率化に取り組んだ結果、成約件数が増加したことなどが業績向上に寄与した。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高1000億円(前期比13.4%増)、営業利益48億9000万円(同14.6%増)、純利益26億5000万円(同12.9%増)の従来予想を据え置いている。

トランコムの株価は13時26分現在3595円(△205円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)