アルゴグラフが反発、第3四半期前年並み確保し通期は営業15%増益予想据え置く

 アルゴグラフィックス<7595.T>が4日ぶり反発。27日取引終了後に発表した今14年3月期第3四半期(4~12月)の連結決算は売上高222億500万円(前年同期比1.1%減)、営業利益13億7900万円(同0.1%減)とほぼ前年並みを確保。通期は売上高325億円(前期比8.3%増)、営業利益22億7000万円(同14.8%増)と期初予想を据え置いた。第3四半期はサーバー、ストレージなどの非CAD系システム販売が伸び悩んだものの、製造業向けCADシステム販売と付随するサービスが拡大した。第4四半期は前年を上回るペースで受注が拡大しており、期初の増収2ケタ増益予想を据え置くとしている。

アルゴグラフの株価は13時28分現在1754円(△39円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)