サンセイランデが強含む、15年特需にらみ押し目買い

 サンセイランディック<3277.T>が前日終値近辺で強含んでいる。ここ大きく押し目を形成したが依然として時価は25日移動平均線の上にあり大勢上昇波は崩れていない。業績変化への期待から個人の根強い買いが入っているもよう。同社は権利関係が複雑な土地の販売を専門とするユニークな業態。具体的には借地権と底地権が分離している住宅地の底地権を買い、借地権者に販売する事業を展開する。「全国に借地権と底地権が分離する世帯数は117万世帯に及んでおり、業界トップの実績を持つ同社への評価は高い」(中堅証券)という。2015年1月から相続税の基礎控除額が4割引き下げられることで、底地権者からの売却案件が大きく動き出すと予想され、これが同社のビジネスチャンスを想起させる材料として株高シナリオに結びついているようだ。

サンセイランデの株価は14時38分現在635円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)