追加テイパリング観測・・・・

今日のドル円は揉み合いか・・・・
 今日からFOMCが始まりますが、結果発表は明日ですから、今日の海外市場では、基本的には動き難い展開となりそうです。

 唯、新興国通貨売りは一旦は収まっていますが、今日は、トルコの緊急会合での利上げ発表が予想されており、結果発表後、再び、リラ売りが強まれば、他の新興国通貨にも飛び火して、リスク回避的な動きが強まるかもしれません。

 一方、今週は、米国で、2年債、5年債、7年債の入札が、今日から明後日まで順に行われます。昨日、米国債が売られ、利回りが小幅上昇しましたが、入札前の準備売りやヘッジ売りだと思えば、普通の事であり、特に変わった事が起こった訳ではありません。

 今日以降は、入札結果が良ければ、金利は低下方向に動きますので、此方もドル円の上値を抑える事につながるかもしれません。しかし、今日の処は、明日の追加テイパリング発表観測との綱引きとなって、揉み合い継続となりそうです。