SMKが14年3月期営業利益予想を下方修正、第3四半期累計決算は大幅黒字転換

 SMK<6798.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高は従来予想の670億円(前期比23.0%増)を据え置きつつ、営業利益を同30億円から24億円(前期8億5300万円の赤字)へ、純利益を同28億円から32億円(前期1億9800万円の赤字)へそれぞれ修正した。商品構成の変化などで営業利益は下方修正したものの、為替差益の増加などで純利益は上方修正した。
 同時に発表された第3四半期累計(4~12月)業績は、売上高503億800万円(前期比25.3%増)、営業利益23億1400万円(前年同期2億7500万円の赤字)、純利益31億9500万円(同7億7500万円の赤字)となった。スマートフォン向けコネクターや、太陽光発電モジュールなどが伸長したほか、海外インターネットプロトコル・セットトップボックスや、カーナビゲーションやセンターコンソール用タッチパネルが好調に推移し業績を押し上げた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)