日立機材がしっかり、14年3月期業績予想を上方修正

 日立機材<9922.T>がしっかり。28日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の255億円から265億円(前期比14.6%増)へ、営業利益を同23億円から27億円(同47.9%増)、純利益を同14億5000万円から17億円(同24.6%増)へそれぞれ上方修正したことが好感されている。構造システムを中心とした建材分野で高機能・高付加価値商品の需要が増加したことに加えて、経営体質強化の努力などが実を結んだ。また、業績予想の修正に伴い、従来9円を予定していた期末配当を11円に引き上げ、年間配当を20円(従来予想18円、前期18円)にするとした。
 同時に発表した第3四半期累計(4~12月)連結業績は売上高201億5400万円(前年同期比18.1%増)、営業利益21億3300万円(同56.0%増)、純利益13億3200万円(同53.4%増)となった。鉄骨造建設需要の拡大で構造システム事業が好調に推移したほか、構造・内装システム事業の収益管理体制改革に伴い工事完成までの収益・原価の見積もり制度が向上し、工事進行基準の適用が拡大したことも寄与した。

日立機材の株価は9時30分現在1100円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)