住友電が続伸、フィリピンのワイヤハーネス材料増産報道を材料視

 住友電気工業<5802.T>が続伸。28日の日本経済新聞が「フィリピンで自動車向けワイヤハーネス(組み電線)の材料となる銅線を3割増産する」と報じたことが材料視されている。2015年春に20億円を投じて月産能力300トンの新工場を設ける。これまで日本や米国向けのワイヤハーネスは主に中国で生産してきたが、中国国内の需要が増えているため、フィリピンなど東南アジアを輸出拠点に育てると伝えている。3国間取引を含めた海外事業の本格的な拡大を期待した買いが先行している。

住友電の株価は10時43分現在1676円(△53円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)