外為:豪ドル、91円前後に上昇 新興国通貨への懸念後退で買い優勢

 29日の東京外国為替市場の豪ドル・円相場は午前10時30分時点で、1豪ドル=90円99~91円00銭前後と前日午後5時時点に比べ73銭の円安・豪ドル高。トルコ中銀の緊急利上げで新興国通貨への懸念が後退したことから買いが優勢となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)