タダノが反発、被災地の高台移転工事本格化でクレーン需要後押し

 タダノ<6395.T>が5日ぶり反発。国内では防災意識の高まりなどで建設用クレーンの需要が依然として旺盛、特に、学校をはじめ防災拠点施設の耐震工事需要の高さが同社製品の売り上げに結びついている。また、被災地の高台移転工事が本格化しており、ここでも同社のクレーン需要を引き出している。14年3月期業績は営業利益段階で前期比75%増の192億円予想と高業績変化率が際立つが、来期も成長トレンドが続く見通し。

タダノの株価は10時55分現在1454円(△37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)