やまびこが続伸、可搬形ディーセルエンジン発電機をNETISに登録申請

 やまびこ<6250.T>が続伸している。同社は28日に、可搬形ディーセルエンジン発電機を新発売すると発表。同時に、国土交通省が運営する新技術情報提供システム「NETIS」に登録申請中であることも明らかにしている。
 同製品は、2~3日間の長時間運転、河川や土壌への燃料やオイル漏れを防止するオイルガード、3次排出ガス規制適合のクリーンエンジンを搭載するなど、環境性を追求した発電機。建設工事現場などで使用する水中ポンプやコンプレッサーなどの三相機器電源および仮設ハウスで使用するエアコンやパソコン、ファックスなどの単相機器電源も、発電機の出力と配線を切り替えることなく同時出力が可能である。
 また、27日には、ベトナムに生産子会社を設立したと発表。これも引き続き買い手掛かり材料となっているようだ。
 ※「NETIS」とは国土交通省が民間の新技術を公共工事などに積極的に活用する目的で、NETIS登録された製品をインターネット上で公開し、運用されているシステムのこと。

やまびこの株価は11時30分現在3750円(△165円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)