<動意株・29日>(前引け)=日カン、ニチレキ、ガンホー

 日本製缶<5905.T>=一時、ストップ高。28日に14年3月期業績予想の上方修正を発表したことが好感された。売上高を53億4700万円から56億3300万円(前期比 6.6%増)に見直したほか、営業損益は7100万円の赤字から4500万円の赤字(前期は2億500万円の赤字)、最終利益は100万円から4000万円(前期比3.1倍)に修正した。主力製品で石油缶や一斗缶などに使われる18リットル缶でラミネート缶の数量が増加したほか、美しい印刷を施した缶である美術缶を中心に消費増税前の駆け込み需要が見込まれている。株価は100円台と低位にあり値ごろ感からの買いが流入している。

 ニチレキ<5011.T>=ストップ高カイ気配。同社は28日、14年3月期通期の連結業績予想の修正を発表、同時に増配も発表し、大きく好感された。売上高は従来予想の600億円から660億円(前期比17.7%増)に、営業利益は44億円から64億円(同96.6%増)にそれぞれ増額している。道路舗装事業で受注および工事の進ちょくが順調に推移、アスファルト応用加工製品事業も出荷増勢で、原価管理や経費削減努力も奏功、売上高、利益ともに従来想定を上回った。また、業績好調を受けて期末配当(一括配当)も従来予想の10円から20円に増額(記念配含む)、前期実績の12円から8円の増配となる。

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>=急伸。同社の13年12月期連結業績は、営業利益が前の期のほぼ10倍となる900億円前後と過去最高となったもようと29日付の日本経済新聞が報じており、これを評価する買いが入った。同社の成長を牽引した主力ゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の課金収入が膨らみ収益を押し上げている。携帯ゲーム機にパズドラの供給を開始したことにより、7~9月期にいったん落ち込んだ売上高も10~12月期には切り返したもようだと伝えていることも、買い安心感につながったかたちだ。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)