アルパインが続伸、北米向けOEM好調で大幅増額が視野

 アルパイン<6816.T>が小幅ながら続伸。今年1月8日の高値1568円から時価は9%の調整を入れているが、目先値ごろ感からの押し目買いが入っている。同社は高級カーオーディオで強みを発揮、ホンダなど自動車メーカー向けOEMで高実績を持つが、北米の自動車販売好調を受けて業績好調。売上高の87%を輸出で稼いでおり、円安も追い風に14年3月期業績は上方修正含みだ。会社側では営業利益段階で前期比3倍の70億円を見込むが、「進捗率から大幅増額が濃厚」(市場関係者)との見方が強い。第3四半期決算は今週31日に予定されており、マーケットの注目を集めている。

アルパインの株価は13時38分現在1429円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)