日本取引所が5日ぶり急反発、地合い好転でリバウンド狙いの買い

 日本取引所グループ<8697.T>が5日ぶり急反発。ここ全体地合い悪を反映するかたちできつい下げを演じたが、足もとリスク回避の動きが一巡し全体相場が戻りに転じていることから、リバウンド狙いの買いが優勢となっている。14年3月期の業績は昨年来の活況相場を受けて絶好調、営業利益は従来予想の385億円から450億円へ大幅増額している。また、好業績を背景に期末配当も従来予想の16円から24円に引き上げるなど株主還元にも前向きだ。

日本取引所の株価は14時18分現在2682円(△156円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)